読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kn-diary

旅好き大学生からIT企業の新卒サラリーマンになった僕が思ったこと書きます

入社して2週間で感じた3つのこと

4月も2週目になり、新生活も少しずつ慣れてきました。研修しかしてない僕ですが、東京で大企業に入って2週間がたって、感じたことが3つあります。基本的には、毎日ハッピーですが、今危機感を持っていることを書きます。

 

f:id:cocconaka0420:20170416174151j:plain

 

洗脳されてしまう

研修してもらっているの立場で言い方が悪いのですが、1番強く感じました。多様性を認めて、チームワークで働くと言っても同じ価値観を求められます。チームで働く上では大事ですが、もう少しいろいろな人を認めてもいいのになあと思うこともあります。自分の個性が死んでいきそうという危機感もあります。どこかで、「いい子」ちゃんでいないといけないという空気感、はじめだからだとは思いますが、すごくすごく感じます。

「求められている答えを返す。1年目はそれでいい。」

そんな空気感を感じました。言いたいことを言ってきた僕はすごく怖さを感じています。

発言し続けることの大切さ

当たり前なのか、当たり前ではないのかはまだまだわかりませんが、会社の人は皆、上司の顔ばかり見ています。1番ペーペーの自分の意思を発言しないと何も変わらないし、誰も見ていません。たくさんいるからこそ絶対キャラ被りをして、埋没してしまう気もします。ここにいるということを主張し続ける必要があるなと感じます。自分で考えて、自分のペースで働けるようになるまで、強い気持ちを持って発言しかないといけないと感じています。

 普通に戦っても勝てない

多少内容が重複するのですが、たくさんいるからこそ尖っていくしかないと思います。就活の時はその気持ちでやっていたのに、初めの一週間はその心を忘れていたなあと思います。正攻法で勝てない自分をしっかり理解して、攻めていく。いい子ちゃんでいてはダメなんだと強く自分に言い聞かせたいと思います。「やめても戦える。」そんな自信を早くつけるためにも、様々な視点を持ち続けたいと思います。

 

これからどんな気持ちになっていくのか、他の新入社員はどんな気持ちなのかすごく気になります。自分の気持ちに正直になれるように頑張りたいと思った、2週間目です。

 

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマンへ
にほんブログ村