読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kn-diary

旅好き大学生からIT企業の新卒サラリーマンになった僕が思ったこと書きます

ちょっと前に流行っていたm-gram診断をやってみた。

今回は題名の通りm-gram診断をやってみました。SNSのタイムラインによくでてきていたので気にはなっていました。しかし、時間がかかると聞いてなかなかやる気が出ませんでしたが、重い腰を上げてやってみました!

 

m-gram診断とは

開発した会社によると

105問の精密性格診断上場企業等を中心に20万人以上の診断実績がある性格診断アルゴリズムで性格と相性を診断するので、お遊びの程度のオモチャのような診断サービスとは異なり、本気の診断結果に基づき相手を紹介します。

 ということらしいです。就活の性格診断によく似ていました。本当の使いかたはマッチングみたいです。

 

僕の結果は

 

f:id:cocconaka0420:20170517211648p:image

 

この画像にでてくることはだいたいポジティブなことが多い(同期調べ)なんですが、「落ち着きがない。」ってでてきました。ポジティブにとらえます。(笑)

 

この画像のほかに、詳細にいろいろな情報が出てきます。例えば、

性格面が短所として現れると、好奇心強すぎるあまり周囲の助言に耳を貸さず無謀な行動を起こしてしまう傾向が強い、物事の情緒に疎く非常に冷たい人である、思慮が浅くつまらないミスをするという印象を与えることもあります。

 

めちゃめちゃ当たっていてびっくりでした。(笑)

みなさんもよければ試してみてください。

 

m-gram.jp

 

 

サラリーマンの「飼い殺し」について考える

日本の新卒一括採用は、まだ社会に出てない若者をポテンシャルだけで採用する仕組みです。なので、必ずと言っていいほどミスマッチが起こります。これはブラック企業だけではなくて、大手のホワイト企業と呼ばれる会社でも同じです。なぜなら、お互いにお互いのことをわからずに採用しているからどんな企業で関係はありませんし、一向に減ることはありません。ただこの制度で一番怖いのは、もしその会社にあわずに成果を残せなかったとしても、クビにされることがないことではないでしょうか。

 

f:id:cocconaka0420:20170514145208j:plain

 

時間だけがすぎてゆく

ただただ、見込みもなくなっているのに雑用させられる為に週5で拘束されてしまいます。それでも、一流企業に入ってしまうと一定の給料がでるので辞める勇気が出なくなる。本当に怖い話です。自分でお金を稼ぐ力をいかに身に付けることができるかが20代のテーマだとぼくは考えます。どんな方法でも自分で稼げるようになった時に、自信がつくのかなと思います。そのためには、日々日々アイデアを実行できるようにしていかないといけないのではないでしょうか。

 

誰も助けてはくれない

自分がしたいことは何なのか。生きたい方法はなになのか。真剣に考えれるのが今の時間かなと思います。30代になって振り返った時に、この20代でよかったの思えるほどの挑戦ができていることが大前提かなと思います。今はインターネットでハードルが下がっています。やるかやらないか自戒の意味を込めて書きました。特にアイデアがあるわけではありません。笑

 

 

 

ビットコインがよくわからないので買ってみた。

IT企業で働いているものの、恥ずかしながらビットコインってなにかよくわかりません。なので、とりあえず買って見ました。

 

取引所のアカウントをつくる

よくわからないので、色々な人がオススメしている coincheckという取引所のアカウントを作りました。手続きが必要で郵送確認もありますが、買うだけならば、顔写真付き証明書を送って終わりです。10分くらいでできました。

 

ビットコインを調べる

「さすがにこのままの知識で買うのはやばい。」と思ったので、ぐぐりました。読んだところによると、「ポイント」→「お金」にもどせるポイントみたいなものということがわかりました。要するにお金に戻せる楽天ポイントみたいなものみたいです。技術的には色々書いてありましたが、今の僕には関係がなさそうなので飛ばします。

 

取引を開始する

とりあえずビットコインを買う。というのが今回の目的なので、一番少額の単位である5000円分をクレジットカードで買いました。すると手数料を引かれて、日本円で4594円。BITCOINにすると、2017年5月14日の15時24分のレートで0.02171624BTCになりました。今後どうなるのか、見守ってみたいと思います。

 

f:id:cocconaka0420:20170514153759p:plain

 

ちなみになんですが僕が作ったアカウントで買える仮想通貨がこんなにありました。もう意味不明ですね。

f:id:cocconaka0420:20170514161537p:plain

 

少額かつスピーディに始められた

買って見たものの、まだよくわかりません。思ってたより少額かつ簡単でした。みなさんもお勉強がてらにやってみるのはどうでしょうか。そして、なにかわかり次第僕に教えてください。損しても知りませんが。笑

 

「タビイク」のインターンを退職して

新卒サラリーマンになってブログを書き始めたのですが、学生のころ「タビイク」を運営しているBackpackersProductionで会社初のインターンとして、お世話になりました。今回はインターンをしたからこそ学んだなと思うことを、書いていきたいと思います。

 

f:id:cocconaka0420:20170504120327j:plain 

会社が価値を提供してお金を生み出していくことを学んだ

僕自身も学生の頃、他にもバイトをしていたので、働いてお金をもらうことはしていました。お金を稼ぐ経験はしていたのですが、インターンでは実際にどのように利益が生まれて行くのかを実感しました。従業員を一人雇うのがどれだけ大変なのか、お客さんにお金をもらうのがどれだけ大変なのか、心の底から感じました。今、社会人として給料をもらう立場になったとしても、感じることができたこの経験は僕の中で大きな財産です。

 

 会社ができる流れを学んだ

なぜ会社がオフィスを作るのか、なぜ就業時間ができたのか、すべてなぜだろうってことを真剣に考えました。会社行くことがだるいなと思う日もありますが、なんとなく自分の中で理由があると嫌さが少し無くなったりします。やっぱり、オフィスも就業時間もあったほうが効率があがることは納得します。でも、サラリーマンやってみてあることの弊害も心から感じます。どっちもやってみて、テレワークは実現して行くと感じますし、実現させていきたいと思います。

 

これからもどんどんタビイクが大きくなって理念である「旅人が増えれば世界が変わる。」が実現すればいいなと思います。 

 

 

学生最後の旅を終えて僕が感じていたこと

iPhoneでメモを探している時に出てきました。毎回、旅が終わるたびに感想を残しているのが今回はすごくポエムちっくでしたが、ちょっと納得してしまったので記事にします。

 

f:id:cocconaka0420:20170430161545j:plain

 

今回も無事に日本に帰国することができた。

 

何かを求めて、「旅」をしたがけっきょく、いつもと変わらない感情だ。

もやもやすることがなくなるかなと思ったが、もちろんなくなることはない。

 

ゆっくり考えれば考えるほどわからなくなる。

 

結局、僕にとっての旅とは

「逃げ」

でしかない。

 

逃げる場所を持っている強みは最大限生かしたいなとは思う。

 

東京が嫌になってなにもかもが嫌になったら、世界のどこかに逃げよう。

そう思う。

 

とりあえず、日本に着いたので向き合わないと。

 

 

書き方は置いておいて、「逃げ」で旅に出るということ。そんなに悪くはないと思うので、行こうかなって思ってる人は全力で逃げるという意味で旅に出て見たらいいのになあとは思います。ちょっとだけ楽しい世界が待ってるかもしれません。

 

 

 

社会人を1ヶ月してみて思った3つのこと

4月3日入社式をしてから、サラリーマンになって1ヶ月がたちました。学生の時にイメージしていた、社会人生活、研修生活比べて予想通りだったこと、違ったことたくさんあります。感想は「すごく早かった。」その一言に尽きる気がします。幸せなことに「やめよう。」そんなことは一回も感じませんでした。その中でも特に印象に残った3つのことを書きたいと思います。 

 

※ちなみに僕の会社はまだ研修期間です。実際に働いていません。

 

 

f:id:cocconaka0420:20170430154322j:plain

 

 

学生の時に旅にでてよかった。

知らない街で初めての一人暮らしする中で、連絡くれる人がいることが幸せだなと感じます。それだけじゃなくて、当たり前のことを当たり前だと感じないこと、世界中どこにでもいけますといえること、よかったな思うことがたくさんあります。旅で人生は変わらないと思っている僕ですが、あのとき旅に出ていなかったらどうなってたんだろうと思います。今、東京でサラリーマンもしていない気もします。

 

 

f:id:cocconaka0420:20170430155656j:plain

 

 世代間ギャップがすごい。

僕はゆとり世代です。小学校から高校までがっつりゆとりでした。今まで学生の頃に旅をしていたので、いろんな大人に会っていると思っていました。でもそんなことは幻想で、今までは若者と関わろうとしていて、自分のメンタル的にも若い人しかいなかったんだなと痛感します。働くことに関してのモチベーションやデバイスの使い方など、、小さいところから言い出すと研修なのにキリがないくらい感じます。  だからこそ、面白いこともたくさんあるだろうなって思います。今までの当たり前がこうやって、新しい当たり前になっていく。10年後はどうなっているのかなって考えると楽しいです。

 

 

社会がすごい勢いで変わっている。

自分はわかっているつもりでした。それでも改めて感じます。昨日の当たり前は、明日の当たり前ではないということです。小池知事が「時差ビズ」って言ってますが、10年後には通勤ラッシュが幻になっていたらいいなって思います。それくらい社会はどんどん変わっていくし、ついて追い越していくくらいの気持ちでいないと痛感します。

 

 

どうでしたか?

いつまで僕が社会をなめつづけられるか見てくださいね。笑 

 

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマンへ
にほんブログ村

 

 

新しい街、新しい生活

初めての東京生活が始まって1ヶ月がたちました。

 

f:id:cocconaka0420:20170419215346j:plain

 

1ヶ月前はワクワクもしていたし、ドキドキもしていたし、不安もありました。めっちゃお金かかるなあと思いながらも、自分の家を作っていことに楽しんでいました。すべてが「非日常」でした。最近は、この生活が「日常」になってきました。毎日毎日飲みに行って、次の日には朝からスーツで出勤しています。楽しい毎日です。それでも、「隣の芝生は青い」。実家の近くで働いている人が羨ましかったり、ベンチャーで働いている人が羨ましかったりします。 

 

f:id:cocconaka0420:20170419215554j:plain

 

それでも、「あの頃は楽しかったなあ」という一言だけは言わないサラリーマンになろうと思います。とりあえずいろんな人がいる東京生活楽しいです。

 

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマンへ
にほんブログ村