読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kn-diary

IT企業でサラリーマンになる旅好き大学生が思ったこと書きます

「自己肯定感」をもつこと

日記

自分はできる。

 

と思えること。「自己肯定感」です。

 

このことってすごく大事だけど、自分の力だけではどうにもならないことだから難しいと思います。

 

小さい頃から容姿がよくて褒められていた子自信があるし、

小さい頃に運動ができていた子は自信があります。

 

ちょっと勉強ができていた子も自信があるかもしれません。

 

「人より自分はすごいんだ!」

 

って思える子供時代を過ごせたかってすごく大事な気がします。

 

どこまで自分を信じてあげれるかが自分の能力の限界を決めてしまっている気がしてなりません。

 

一位を知った人はずっと一位の感覚出行動し続けるからこそ、すこし調子が狂ったとしてもそのレベルまではいけます。

 

どの目線で行動できるか、子供のころのの影響は大きいと思います。

 

けど、、

大人になった今、目線をあげて行動できるか

 

社会人になったとしてもそのスタンスを貫きたいです。

 

南米へ

日記 南米 海外

南米に出発します。

1年生の夏休みからほぼ毎回長期休暇ごとに旅に出てましたが、いつも通り1か月程度の旅です。4年生の春休み、こんなにのんびりと旅をするのは最後かもしれません。

 

「日本から遠く、電波の入りにくいこの1カ月をうまく使いたい。」

 

今回の旅は、すごく思います。

旅で人生は変わらないと思っている僕ですが、いつも旅に出る前は旅に「何か」を求めてしまいます。

 

「帰ってきたら今よりもっと、楽しくなるかな。」

「今感じているもやもやなくなってるかな。」

 

などなど。。

 

 

だけど、いつも結局同じことを感じます。

 

「自分で動かないと何も変わらない」

 

そんなことだろうなと思いながらも、南米に行ってしまうあたりすごく「非効率」な僕です。

 

でも、、

 

無駄な時間が多いからこそ、気づくことがたくさんあるだろう。 些細な気づき、自分の本音、普段では気づけないように向き合いたい。

 

とも思います。 

 

 

1年生のころ、

バックパッカーで旅に出ることは「挑戦」でした。

今は挑戦でも何でもありません。たぶん、それが成長です。

 

 

つぎの「挑戦」をするために、全力で旅行します。

 

 

プレゼンで意識することは?

日記

卒論を発表したときに言われたことをメモしておきたいので書きます。

 

  1. ストーリー仕立て
  2. 言葉のチョイス

 

①ストーリー仕立て

はじめで投げかけた疑問を、どれだけ回答できるか。要するに伏線を回収できるかがカギだと思います。

 

「なぜ??」

 

と言うのを一つずつ解決できているか、すごく大事です。

どんなプレゼンであっても、

プレゼンをする「目的」「伝えたいこと」

 

があると思います。

 

最終のまとめでその答えになっているのか

一枚のスライドの中で「なぜ?」の答えを掲示して、関連づいているか

 

意識して構成する必要があります。

多くのスライドが論理の飛躍をしている場合が多いです

 

②言葉のチョイス

僕の副題のつけ方が悪いのでわかりにくいですが、要するに

 

1つの「言葉」を複数の「意味」でとらえていないか

1つの「意味」を複数の「言葉」であらわしていないか

 

ということです。

 

例えば、「肉を食べた。」「ステーキを食べた」を並列で並べるなど。。

 

していしまいがちなことばかりだで、ちょっと意識したら直ることだと思います。

文章を書くのも同じことが言えると思います。いかにうまくかけるようになるかがカギですね。

 

「マーケティング」を勉強するなら、これしかない。

マーケティングを勉強したい。。」

 

横文字を言えるとかっこいいので、僕もこう思った時期がありました。

 

でも、、

 

なにしていいかわからない!!!!

 

 

先輩におススメされて何冊か買ったんですが、、

圧倒的にこれが一番です。

 


>ドリルを売るには穴を売れ [ 佐藤義典 ]

 

 

 

①アカデミックな知識がいらない。

 

②わかりやすい物語がセット!!

 

 

学生団体で人を集めたい。

WEBマーケティングの勉強したいけどなにしたらいいかわからない。

 

 

とりあえず勉強したい人は

これ読んだらいいと思います。

 

 

てか、この本理解できないレベルだと

マーケティング理解するの無理

 

ってレベルでわかりやすいです。

 

 

 

>ドリルを売るには穴を売れ [ 佐藤義典 ]

 

黄熱病の予防注射が打てないいいいいいいいいいいいいいいいい。

日記 海外 南米

ボリビア政府が3/2日以降に入国する黄熱病リスク国からの外国人旅行者に対して、

 

イエロカード(黄熱病予防接種済みの証明書)

 

の義務化を決めました。。

 

詳細→在ボリビア日本国大使館HP

 

それにより、

日本の検疫所が大パニック!!!

 

マチュピチュからウユニ行こうとしていた人がギリギリに殺到

 

もともとから予約がとりにくい黄熱病予防接種。。

 

僕もペルー、ボリビア、チリを1ヶ月で回る予定なので大ピンチ。。
ペルーで予防接種受ければいいだけ

全国津々浦々の検疫所に13日の朝から電話して、やーっと1つ受けれるところを見つけました!!!

 

通常だけでなく、追加で接種を行なっているところもあるみたいなのでこまめに電話してみるのがよさそうです。

「コンフォートゾーン」からでること

日記

まず、コンフォートゾーンとはなにか、Googleで検索してみました。

 

調べてみたんですが

僕が絶大なる信頼を置いているwikipedia先生も教えてくれませんでした。。

 

簡単にいうと、 

「快適に不満なく過ごせること」らしいです。

 

 

春から新社会人、新しい土地、初めての新生活、、

この数年、誰にも文句言われない生活か社会に出る

 

 

世間で言われる内定ブルーの原因はこんなところなのかなって考えました。

行きたい土地、したかった一人暮らし、行きたかった会社に入社できる。

 

それでもなぞの不安におそわれる。

 

内定ブルーになるくらいなら、やりたいことやれよ。」

って言う人もいるかもしれません。

 

それでもぼくはこの選択に後悔はありません。

 

新しい環境まで、あと少し。

不安を認めると少しワクワクしてきます。

 

今まで「ブログを書く」とか「考えを発信する」とかはしてこなかったけど、

もっともっとコンフォートゾーンからでないと

 

ということではじめてみます。

 続く気は全くしませんが、暇つぶしに読んでください!!