読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kn-diary

旅好き大学生からIT企業の新卒サラリーマンになった僕が思ったこと書きます

社会人を1ヶ月してみて思った3つのこと

4月3日入社式をしてから、サラリーマンになって1ヶ月がたちました。学生の時にイメージしていた、社会人生活、研修生活比べて予想通りだったこと、違ったことたくさんあります。感想は「すごく早かった。」その一言に尽きる気がします。幸せなことに「やめよう。」そんなことは一回も感じませんでした。その中でも特に印象に残った3つのことを書きたいと思います。 

 

※ちなみに僕の会社はまだ研修期間です。実際に働いていません。

 

 

f:id:cocconaka0420:20170430154322j:plain

 

 

学生の時に旅にでてよかった。

知らない街で初めての一人暮らしする中で、連絡くれる人がいることが幸せだなと感じます。それだけじゃなくて、当たり前のことを当たり前だと感じないこと、世界中どこにでもいけますといえること、よかったな思うことがたくさんあります。旅で人生は変わらないと思っている僕ですが、あのとき旅に出ていなかったらどうなってたんだろうと思います。今、東京でサラリーマンもしていない気もします。

 

 

f:id:cocconaka0420:20170430155656j:plain

 

 世代間ギャップがすごい。

僕はゆとり世代です。小学校から高校までがっつりゆとりでした。今まで学生の頃に旅をしていたので、いろんな大人に会っていると思っていました。でもそんなことは幻想で、今までは若者と関わろうとしていて、自分のメンタル的にも若い人しかいなかったんだなと痛感します。働くことに関してのモチベーションやデバイスの使い方など、、小さいところから言い出すと研修なのにキリがないくらい感じます。  だからこそ、面白いこともたくさんあるだろうなって思います。今までの当たり前がこうやって、新しい当たり前になっていく。10年後はどうなっているのかなって考えると楽しいです。

 

 

社会がすごい勢いで変わっている。

自分はわかっているつもりでした。それでも改めて感じます。昨日の当たり前は、明日の当たり前ではないということです。小池知事が「時差ビズ」って言ってますが、10年後には通勤ラッシュが幻になっていたらいいなって思います。それくらい社会はどんどん変わっていくし、ついて追い越していくくらいの気持ちでいないと痛感します。

 

 

どうでしたか?

いつまで僕が社会をなめつづけられるか見てくださいね。笑 

 

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマンへ
にほんブログ村

 

新しい街、新しい生活

初めての東京生活が始まって1ヶ月がたちました。

 

f:id:cocconaka0420:20170419215346j:plain

 

1ヶ月前はワクワクもしていたし、ドキドキもしていたし、不安もありました。めっちゃお金かかるなあと思いながらも、自分の家を作っていことに楽しんでいました。すべてが「非日常」でした。最近は、この生活が「日常」になってきました。毎日毎日飲みに行って、次の日には朝からスーツで出勤しています。楽しい毎日です。それでも、「隣の芝生は青い」。実家の近くで働いている人が羨ましかったり、ベンチャーで働いている人が羨ましかったりします。 

 

f:id:cocconaka0420:20170419215554j:plain

 

それでも、「あの頃は楽しかったなあ」という一言だけは言わないサラリーマンになろうと思います。とりあえずいろんな人がいる東京生活楽しいです。

 

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマンへ
にほんブログ村

 

 

入社して2週間で感じた3つのこと

4月も2週目になり、新生活も少しずつ慣れてきました。研修しかしてない僕ですが、東京で大企業に入って2週間がたって、感じたことが3つあります。基本的には、毎日ハッピーですが、今危機感を持っていることを書きます。

 

f:id:cocconaka0420:20170416174151j:plain

 

洗脳されてしまう

研修してもらっているの立場で言い方が悪いのですが、1番強く感じました。多様性を認めて、チームワークで働くと言っても同じ価値観を求められます。チームで働く上では大事ですが、もう少しいろいろな人を認めてもいいのになあと思うこともあります。自分の個性が死んでいきそうという危機感もあります。どこかで、「いい子」ちゃんでいないといけないという空気感、はじめだからだとは思いますが、すごくすごく感じます。

「求められている答えを返す。1年目はそれでいい。」

そんな空気感を感じました。言いたいことを言ってきた僕はすごく怖さを感じています。

発言し続けることの大切さ

当たり前なのか、当たり前ではないのかはまだまだわかりませんが、会社の人は皆、上司の顔ばかり見ています。1番ペーペーの自分の意思を発言しないと何も変わらないし、誰も見ていません。たくさんいるからこそ絶対キャラ被りをして、埋没してしまう気もします。ここにいるということを主張し続ける必要があるなと感じます。自分で考えて、自分のペースで働けるようになるまで、強い気持ちを持って発言しかないといけないと感じています。

 普通に戦っても勝てない

多少内容が重複するのですが、たくさんいるからこそ尖っていくしかないと思います。就活の時はその気持ちでやっていたのに、初めの一週間はその心を忘れていたなあと思います。正攻法で勝てない自分をしっかり理解して、攻めていく。いい子ちゃんでいてはダメなんだと強く自分に言い聞かせたいと思います。「やめても戦える。」そんな自信を早くつけるためにも、様々な視点を持ち続けたいと思います。

 

これからどんな気持ちになっていくのか、他の新入社員はどんな気持ちなのかすごく気になります。自分の気持ちに正直になれるように頑張りたいと思った、2週間目です。

 

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマンへ
にほんブログ村

 

 

社会人生活を1週間してみて

はじめての土曜日になった。

昨日は「華金」。同期とも少しずつ仲良くなってきて楽しくなってきたところ。

2ヶ月の研修、はじまったところだ。

高校生活みたいな研修。社会人になったという実感がわかない。それでも変化は感じることはある。

 

早起きをするようになった

当たり前のことだが一番の変化である。大学生活でいかに早起きしていなかったのか、それを実感する。しんどいけど、朝型人間なのでそこまで苦ではない。同じ時間に起きて、同じ時間に出社する。1週間だけど、体のしんどさは不規則な生活な時よりはマシな気がする。

人に話せることがなくなった

守秘義務があるのでほとんどのことを話せない。当たり前だけど、しゃべりの僕からしたら改めて感じる部分である。ちょっと寂しい気分はあるけど、そんなことを知れるというワクワクもある。

久しぶりの新しい環境

一番上の学年、上下関係もほぼない状況から新しい環境へ。コンフォートゾーンなんて夢のまた夢。わからないことだらけの毎日。頑張りどころという感じ。 

 

来週も研修生活楽しもう。

社会人になる僕が思うこと

4月3日。

東京メトロに乗って、初めての出勤。

2017年度はじめての平日。電車に乗っている人もいろんなことを考えて乗っているのかな。東京に出てきて1週間だけど、東京はいろんな人がいるから面白い。

 

時間的に自由な学生生活が終わった。

「社会人」

その言葉は散々聞いた。

 

みんないろんな言葉をかけてくれる。ビビらせたり、案外いいよっていったり。

 

いざなるとなると、ワクワクするような不安でいっぱいなような。気分は「進学」と変わらない。

 

「やるしかない。」

 

自分で自分に言い聞かせて、それでも個性は殺したくないなとも思って。今はこの矛盾な気持ちを楽しむしかないなと。

 

ただフルタイムで働き出す。それだけなのに、それ以上のことを感じてしまうのが新卒採用なのかもしれません。一年前も就活で東京いたかな。

 

あの時のワクワクを思い出して、頑張ろう。

1年後にはどんな言葉が出てくるのかな。

 

 

南米へ

南米に出発します。

1年生の夏休みからほぼ毎回長期休暇ごとに旅に出てましたが、いつも通り1か月程度の旅です。4年生の春休み、こんなにのんびりと旅をするのは最後かもしれません。

 

「日本から遠く、電波の入りにくいこの1カ月をうまく使いたい。」

 

今回の旅は、すごく思います。

旅で人生は変わらないと思っている僕ですが、いつも旅に出る前は旅に「何か」を求めてしまいます。

 

「帰ってきたら今よりもっと、楽しくなるかな。」

「今感じているもやもやなくなってるかな。」

 

などなど。。

 

 

だけど、いつも結局同じことを感じます。

 

「自分で動かないと何も変わらない」

 

そんなことだろうなと思いながらも、南米に行ってしまうあたりすごく「非効率」な僕です。

 

でも、、

 

無駄な時間が多いからこそ、気づくことがたくさんあるだろう。 些細な気づき、自分の本音、普段では気づけないように向き合いたい。

 

とも思います。 

 

 

1年生のころ、

バックパッカーで旅に出ることは「挑戦」でした。

今は挑戦でも何でもありません。たぶん、それが成長です。

 

 

つぎの「挑戦」をするために、全力で旅行します。

 

 

「コンフォートゾーン」からでること

まず、コンフォートゾーンとはなにか、Googleで検索してみました。

 

調べてみたんですが

僕が絶大なる信頼を置いているwikipedia先生も教えてくれませんでした。。

 

簡単にいうと、 

「快適に不満なく過ごせること」らしいです。

 

 

春から新社会人、新しい土地、初めての新生活、、

この数年、誰にも文句言われない生活か社会に出る

 

 

世間で言われる内定ブルーの原因はこんなところなのかなって考えました。

行きたい土地、したかった一人暮らし、行きたかった会社に入社できる。

 

それでもなぞの不安におそわれる。

 

内定ブルーになるくらいなら、やりたいことやれよ。」

って言う人もいるかもしれません。

 

それでもぼくはこの選択に後悔はありません。

 

新しい環境まで、あと少し。

不安を認めると少しワクワクしてきます。

 

今まで「ブログを書く」とか「考えを発信する」とかはしてこなかったけど、

もっともっとコンフォートゾーンからでないと

 

ということではじめてみます。

 続く気は全くしませんが、暇つぶしに読んでください!!